トップページへ 筋肉痛筋肉痛とは?原因や症状

筋肉痛とは?原因や症状

症状

誰しもが一度は経験する筋肉痛は運動により筋肉が炎症・損傷を起こす障害です。
主な障害は運動で使った筋肉周辺に生じる痛みです。痛みは運動から数日後に現れる特徴があります。

他の障害と大きく異なる点は、運動を再開しても痛みが強くならない点です。人によっては運度で痛みが治まることもあります。

原因

筋肉痛を起す確かな原因は未だ解明されておらず、現在もさまざまな説が唱えられています。

例えば、運動による筋収縮が逆に起こることで筋肉が損傷する、血流不足により筋収縮を阻害する乳酸が溜まり痛みや炎症を引き起こす、筋繊維の分解と再構築が起こることで際に痛みが生じるなどの説があります。

これらに共通しているのが激しい運動により筋繊維と周辺組織が損傷しているということです。
ただし、筋肉痛の損傷は肉離れのようなマイナス要素は少なく、多くがプラスに働く筋断裂を起しているのです。つまりは心配のいらない痛みといえるでしょう。

予防法

筋肉痛が心配のない痛みとは言え、辛いことには変わないでしょうし、予防出来るならそうしたいと思っている方が大半かと思われます。そこで簡単に出来る予防法を紹介します。

最も効果的な方法は運動習慣を身につけることです。
簡単なウォーキングでも効果があります。

筋肉痛の基本対策と言われている温めと冷却を繰り返す方法も効果があります。
痛みが出始めたら温め、痛みが強くなったら冷やすのです。

また、筋肉痛が普段動かさない筋肉を使うことで起こる障害であるため、運動前に筋肉を温め、血行を促進するウォーミングアップを行うと予防が出来ます。
また、血行の急激な低下を防ぐ運動後のクールダウンも忘れずに行いましょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.