スポーツに打ち込んでいると、どうしても怪我をしやすくなります。
怪我をしてしまうとその時期は練習もできなくなるため、
継続して身につけた競技の感覚が鈍るばかりか、
上達の速度も遅れてしまいます。
できれば怪我はしたくないもの…

当サイトでは各スポーツ競技での起こりやすい怪我や障害をピックアップして、
症状や治療法、予防法などをご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の部位から見るスポーツで起こりやすい怪我・障害

胸部・腹部・腰・骨盤などいろいろな部位での怪我がありますが、一番多いのが腰痛です。腰痛の原因にも腰椎分離症、椎間板ヘルニアなどいろいろありますので、医師にちゃんと診てもらいましょう。

頭に障害を受けやすいスポーツにはアメフト、ラグビーなどの衝突を受ける競技が多いです。 同様に首に関しても衝突系のスポーツで怪我や障害が起こりやすいです。

あらゆるスポーツで怪我・障害が起こりやすい部位です。筋肉よりも、繰り返し動作などによる肩・肘・手首などの関節系の怪我が多くなります。

走ったり、ジャンプしたり、足に負担がかかりやすいスポーツに怪我が起こりやすい部分です。ストレッチで防げる怪我も多いので、運動前にはしっかりストレッチを心がけることが大切です。

起こりやすいのが足首のねん挫です。方向転換時や、ジャンプの着地で足をグネったときなどで生じることが多いです。後遺症を残すこともあるため、しっかりと治療することが大切です。

最も気をつけたいのが熱中症です。特に夏の炎天下でのスポーツ競技では熱中症になりやすいため、しっかり熱中症対策をとる必要があります。 ここでは熱中症をメインに詳細をご紹介します。

起こりやすい怪我・障害を知っておこう

骨折 骨折はいろいろなスポーツで起こりやすい怪我の一つです。
骨は硬いですが、転倒や衝突などによる大きな力が加わることで、骨折してしまいます。
ただ、骨は修復能力が高いため、折れた骨をつなぎ合わせた状態で維持すれば自然とくっつくことが多いです。

軟骨の障害 軟骨は骨と骨をつないで、衝撃を和らげるクッション的な働きをする重要な部分です。
この軟骨に障害がおこりやすい部分が「膝」です。スポーツによるジャンプ、急停止などによって膝はとても負荷がかかるからです。代表的な怪我にはオスグッド病などがあります。

肉離れ 筋肉の怪我の中でも多いのが「肉離れ」で、筋繊維が急に引っ張られて、ちぎれるように切れている状態です。
全力で走っている時などに起こりやすく、とても痛いです。応急処置では患部のアイシングと圧迫が必要となります。

筋肉痛 筋肉痛は筋トレなど筋肉に強い負荷が加わったあとに起こりやすいです。
怪我ではないと思いますが、数時間から数日痛みが発生します。ここでは「筋肉痛時のトレーニングは良いのか?」「筋肉痛とはどのような状態なのか?」など詳しくご紹介します。

腱鞘炎 代表的なのが手首の腱鞘炎で、手首を反らせる弓道や、ラケットを握り続けるテニス、その他剣道などのスポーツに起こりやすいです。
症状が現れてすぐの場合は、患部を冷やして安静にすることで治りやすいですが、重症の場合は手術も必要となります。

その他の障害 ここではその他スポーツの時によく起こりやすい怪我についてご紹介します。
脱臼、靭帯損傷、アキレス腱断裂などの原因から治療方法まで分かりやすく解説しています。

スポーツ障害について
Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.