トップページへ 体幹部の怪我・障害恥骨結合炎について(原因・症状・治療・予防)

恥骨結合炎について(原因・症状・治療・予防)

症状

恥骨結合は両側の骨盤の骨が骨盤の前方で結合している部分を意味します。
つまり、恥骨結合炎は、この結合部に損傷が起こり、炎症化してしまう障害なのです。

運動選手が生じるともありますが、主に出産を控えた妊婦が起こしやすい傾向があります。
なお、結合はほどんと動かない骨の集合を意味し、関節は可動が認められる骨の結合を意味しています。両者は全く別物ですので、間違えないようにしましょう。

恥骨結合炎の主な症状は恥骨結合の痛みです。初期は痛みより太腿の付け根の張りを訴える人が多いようです。しかし、この段階でも恥骨結合部を押すと圧痛を生じます。

原因・診断

恥骨結合は原則動かない場所なのですが、出産や左右の骨盤をずらす動きを行うと恥骨結合に動きが生じます。具体的には急激なストップ動作、方向転換などです。
この動きを繰り返すことで周辺組織が損傷し、炎症へと発展していきます。
発生率が高い競技はサッカー、ラグビー、ラクロス、ホッケーなどの競技です。

診断は画像検査と圧痛の有無を確認する方法が用いられいます。
恥骨結合部で明らかな圧痛がある、もしくはMRIやレントゲン撮影で虫食いのような変化があれば恥骨結合炎と診断されます。

治療法・予防

軽症の内は鎮痛剤を服用することで運動も可能性ですが、痛みが引かないほど進行している場合には運動を中止するなど、恥骨結合への負担を軽減する必要が出てきます。
また、内転筋を柔軟にするストレッチは回復を促進する効果があるため、取り入れるようにしましょう。

発生因子やメカニズムがはっきりしていないため予防は難しいと思われます。
ただし、内転筋を柔軟にすることが恥骨結合への負荷を軽減させるため、股関節周辺のストレッチが有効な予防法になるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.