トップページへ 体幹部の怪我・障害腰痛症について(原因・症状・治療・予防)

腰痛症について(原因・症状・治療・予防)

主な症状

腰痛症は原因が特定できない腰痛の際に下される診断名です。
あいまいな表現にしているのは、腰痛が骨や腱だけでなく、臓器、骨盤内臓器の障害、生理痛など様々なことが原因で起こることが起因しています。
腰痛は非常に範囲が広いため、ここでは運動によって引き起こされる腰痛、整形外科的な腰痛について解説していきます。

主な症状は名称の通り、腰の痛みです。原因により痛みの出方、現れる部位、痛みの程度に違いがあります。筋性の腰痛は保存療法で対処できますが、椎間板が原因の場合には手術が必要になることあります。

原因

腰痛を起す原因は様々ですが、一般には筋性、椎間板性、椎間関節性の3つに分類されます。

筋性は背中の筋肉が疲労を起すことで生じる腰痛です。
疲労を起すことで毛細血管を圧力でつぶしてしまい血流障害を起すのが原因です。

椎間板性は椎間板の損傷により発生する腰痛です。椎間板ヘルニアなどがこれに含まれます。
椎間関節性は体を反らせた際に起こる腰痛をいいます。椎骨をつないでいる椎間関節が圧迫されることが原因だと言われています。

治療法・予防

確定診断は痛む場所、強くなる動作などの確認とレントゲン・MRIを併用で行っていきます。
治療は原因により異なりますが一般には筋肉の緊張を解き、ストレッチで柔軟性を上げる保存療法で対処します。

椎間板性のような強い腰痛が現れる場合は、専用のコルセットの固定が有効な治療になります。
また、どのタイプも腰周りの筋力トレーニングは非常に効果のある治療のため、是非取り入れるようにしましょう。

予防には腹筋、腰周りの筋力強化とストレッチが高い予防効果を示します。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.