トップページへ 体幹部の怪我・障害椎間板ヘルニアについて(原因・症状・治療・予防)

椎間板ヘルニアについて(原因・症状・治療・予防)

症状

腰椎椎間板ヘルニアは椎間板内の髄核が飛び出し、神経を圧迫することで痛みを起す障害です。
主に働きざかり20~50歳代の男性に多く見られる特徴があります。

主な症状は腰、太ももに起こる激しい痛みです。痛みの出方により急性型と慢性型に分けられ、急性型の場合にはぎっくり腰のような激痛が生じます
痛みや痺れの症状は背中を丸めたり、前かがみになると強くなる特徴があります。
非常に強い痛みが伴うため歩くことはもちろん、立っているのも困難になる人もいます。

原因

痛みが起こる原因は、椎間板の中心部にある髄核が何らかの理由により外に押し出され、背骨の神経を圧迫・刺激することで起こります

痛みが腰だけでなく足周辺にも起こるのは、腰椎の周りにある神経が腰、太もも、足の甲、親指、膝下などの領域を担当しているためです。
また、椎間板ヘルニアは腰に起こるのが一般的ですが、頚椎で発症するケースももあるため注意が必要です。

治療法・予防

腰椎間板ヘルニアを起しているかどうかはSRLテストで判断が可能です。
検査では患者を仰向けに寝かせ、脚をまっすぐに伸ばした状態で持ち上げていきます。
もし、腰椎間板ヘルニアであれば腰の神経が圧迫され、強い痛みと痺れが生じるます。

治療では安静にし坐骨神経の緊張を緩めていくことで改善をはかります。
また、牽引療法などの理学療法、温熱療法、運動療法も並行して行うのが一般的です。

痛みが引かず日常生活に支障をきたす場合には、手術で飛び出したヘルニアを切除していきます。現在では、ラブ法、後側固定術、経皮的椎間板髄核摘出術などの方法が用いられいます。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.