トップページへ 体幹部の怪我・障害腰椎分離症について(原因・症状・治療・予防)

腰椎分離症について(原因・症状・治療・予防)

症状

腰椎分離症は脊椎骨が衝撃を受けることで分離してしまう障害です。
腰周りだけでなくおしりにも痛みが出る特徴があります。また、腰椎すべり症を併発することもあるため、十分な注意が必要な障害でもあります。

主な症状は腰痛、脚の痛み、おしりの痛みです。ただし、発生したからといって必ずしも痛みが出るわけではありません。中には痛みを全く感じない人もいます。

原因

腰椎分離症は強い衝撃や腰の酷使で起こるの障害ではありません。
これまでは、若い頃に行った激しい運動が原因となり、中年期以降に突発的に発生すると考えられてきました。しかし、近年の研究で幼少期から運動を行っている人、青年期から運動を行っている人の発生率に違いがないことが証明されています。

つまり若年期の運動が腰椎分離症・腰椎すべり症を起すわけではないのです。
ただし、明確な発生原因は現在も解明されていないようです。

治療法・予防

検査はレントゲンを使い骨のずれ方、骨の癒合が可能かを確認していきます。

治療は患部を冷やしながらリハビリを行う保存療法が中心になります。
痛みが強い場合には鎮痛剤を使い病状の回復を促します。
ただし、先の治療でも痛みが引かない場合は手術による治療を選択することもあります。

また、骨の癒合が可能と判断されれば、コルセットや腰バンドを使う保存療法がとられることもあります。なお、分離症は骨折の部類に含まれるため、当然運動は控えてもらうことになります。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.