トップページへ 太もも・膝の障害腸脛靭帯炎について(原因・症状・治療・予防)

腸脛靭帯炎について(原因・症状・治療・予防)

症状

腸脛靭帯炎は長距離のマラソンランナーに多くみられる障害です。
そのため、ランナー膝と呼ばれることもあります。主な原因は膝を酷使することです。

主な症状は膝の外側から太ももにかけての痛みと腫れです。
痛みは運動の際に強まり、休むと緩和されます。ただし、治療をせず運動を続けると、痛みは日増しに強くなり最終的には休んでも簡単には消えなくなるため注意しましょう。

原因

腸脛靭帯は大腿骨の外側から骨盤と脛骨をつないでいる靭帯です。
数ある靭帯の中で最も長いのがこの腸脛靭帯だと言われています。

運動のし過ぎにより腸脛靭帯が大腿骨とこすれて炎症を起こすのが腸脛靭帯炎です。つまり原因は過剰に膝を酷使することです

また、ウォームアップ不足や硬いシューズの使用も腸脛靭帯炎を起こす要因になります。
現在ではマラソンランナーだけでなく、バスケットボールやサッカー、水泳、バレエなどにも起こりえる障害なのです。

治療法・予防

治療は酷使した膝を休ませ、ストレッチなどで緊張した筋肉を伸ばす保存療法が用いられています。
痛みが強い場合には消炎鎮痛剤などの薬物療法や、超音波治療を行うこともあります。

予防には大腿筋や股関節外側部のストレッチを運動前・運動後に行うことが有効です。
普段から運動をしている人は大腿筋、股関節のストレッチを欠かさず行うようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.