トップページへ 太もも・膝の障害ジャンパー膝について(原因・症状・治療・予防)

ジャンパー膝について(原因・症状・治療・予防)

症状

ジャンパー膝は膝蓋靭帯炎はとも呼ばれる障害で、膝周辺に痛みを起こします。
ジャンプ、着地、膝の曲げ伸ばしなど動作にこの痛みが伴います。
また、他の障害をかばうことで、二次的症状として発生することもあります。バレーボール、バスケットボール、サッカーなどのスポーツで起こりやすい傾向があります。

主な症状は膝蓋骨の下部分に起こる痛みです。
初期はジャンプやランニングの際に痛みが出るが、炎症の悪化が進むとちょっとした動作にも痛みが伴うようになります。場合によっては太ももの筋肉が縮んで固くなることもあります。

原因

膝蓋骨は膝にあるお皿のような骨で、三角形の盾に似た形状をしています。
主に外から受ける衝撃から膝の内部を守る役割を担っています。膝蓋靭帯炎はこのお皿と脛骨、大腿骨をつないでいる靭帯に炎症が起こる障害なのです。

ジャンプという動作はまず太ももの筋肉が収縮し、その力が膝蓋骨・靭帯を通して脛骨に伝わり、結果膝を伸ばすことになります。この動作の繰り返すは、膝蓋靭帯に大きな負荷をかけ、炎症を起こすことになります。つまり原因は度重なる膝の酷使、つまり使いすぎていることです

治療法・予防

痛みの症状を緩和するには運動を中止し膝を休ませることが大切です。
これにより炎症が治まるのを待ちます。どうしても痛みが引かない場合には、消炎鎮痛薬を使い対応します。ごく稀に重症化することがありますが、この場合、手術が必要になりますので注意しましょう。

予防には大腿四頭筋や大腿二頭筋など太ももに関係した筋肉を柔軟にさせるストレッチが効果的です。これに筋力トレーニングを合わせて行うとより効果が現われます。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.