トップページへ 太もも・膝の障害半月板損傷について(原因・症状・治療・予防)

半月板損傷について(原因・症状・治療・予防)

症状

半月板損傷は関節内部の半月版が衝撃などにより損傷する障害です。
ジャンプや膝を捻るなど、比較的負荷の高い動作を繰り返すスポーツで見られます。

主な症状は膝に起こる強い痛みです。ひっかかりなどの症状を感じることもあります。
また、損傷が慢性化すると膝に水がたまったり、血がたまる症状を起すこともあるため注意が必要です。

原因

半月板は膝関節の左右に一つずつあり、大腿骨と脛骨に挟まれるように存在しています。
アルファベットのCに似た形状で、内側より外側の方が大きい特徴があります。
半月版は膝にかかる衝撃を吸収するだけでなく、膝関節の動きを滑らかにするスタビライザーの役割も持っています。

半月板を損傷する原因は膝を強く捻ることです。
膝を捻ることはスポーツだけでに限らず、日常生活の多くの場面でも見られる動作です。
具体的には、バスケットボール、バレーボール、サッカー、テニス、野球などのスポーツに加え、狭い場所で立ち仕事をする、床から立ち上がるなどがあげられます。
また、加齢による衰えも原因に含まれるため、高齢者は半月板の損傷に注意が必要になります。

治療法・予防

半月版の状態を確かめるにはエックス線、MRIなどの画像検査が大変有効とされています。
また、どちらの半月版を損傷しているかを確かめるには「マックマレーテスト」が有効な方法とされています。

治療では自然治癒を待つ保存療法で症状の改善が見込めます。
ただし、膝に水や血が溜まっている場合には穿刺による吸引を行うことがあります。
保存療法で症状が改善されない場合や、損傷を繰り返す、関節に水がたまる症状を繰り返すようであれば手術により半月板の切除、縫合を行うこともあります。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.