トップページへ 腱鞘炎指の腱鞘炎について(原因・症状・治療)

指の腱鞘炎について(原因・症状・治療)

症状

指の腱鞘炎は、指の関節にある腱鞘が腱と擦れ合うことで炎症を起す障害です。
弾発指、スナッピングフィンガー、狭窄性腱鞘炎、バネ指などと呼ばれることあります。

発生後は関節周辺に痛みの症状を起こします。症状が進行すると指の曲げ伸ばしが難しくなるバネ指を起すこともあり、この場合には手術が必要になることもあります。
軽い痛みだからと侮らないようにしましょう。

主な症状は指の関節周辺に起こる痛みと腫れです。
腱鞘に沿った動作をすることで症状が強まります。症状が進行すると動かす際に引っかかり感を憶えたり、指を伸縮が困難になる、伸縮した指が急に動き出すバネ指の症状が現れることもあります。

原因・診断

指の腱鞘炎を起す原因は指先を使った動作を過度に行うことです。
関節を構成する骨と筋肉は紐状の腱によって支えられています。腱は腱鞘の中を移動しながら支えているのですが、関節を過度に動かすと腱鞘と腱の摩擦が強まり、炎症を起すようになるです。

また、炎症による腫れが強まると腱の移動が邪魔されるため、指の動作に支障をきたしてしまいます。これがバネ指といわれる症状の原因です。

痛む場所や症状から診断は比較的簡単に行えますが、どの程度炎症を起しているかの確認には画像検査が必要になるでしょう。

治療法・予防

軽度の場合には指の固定と安静で症状は改善されていきます。この際、関節のストレッチを併用することで治療が促進されます。
症状が長期化しており、弾発現象が見られう場合には、まず抗炎症剤の直接注射を試み、これでも改善が見込まれないと摩擦を起している腱鞘を広げる外科手術が行われます。

予防には指先の動作を頻繁に行わないことが重要になります。どうしても指先を塚わなければいけない場合には、その前後にストレッチを行うといいでしょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.