知っておきたいスポーツでの怪我のことトップ > 腱鞘炎について

腱鞘炎とは

腱鞘炎は関節の酷使により腱の通り道である腱鞘が炎症を起す障害です。発症後は痛みや腫れなどの症状を起します。放置すると指の変形を生じることもあり、この場合には手術が必要になります。たかが腱鞘炎と思わず治療を受けることが大切なのです。予防には関節にかかる負荷を軽減することが効果的です。動作、姿勢の矯正、テーピング・サポーターを巻く方法が一般に用いられいます。

手首の腱鞘炎
腱の通り道である腱鞘が炎症を起す障害です。 その原因から狭窄性腱鞘炎と呼ばれることもあります。
指の腱鞘炎
指関節の腱鞘が炎症を起す障害です。進行するとバネ指を起し治療には手術が必要なケースもあるため注意しましょう。
腱鞘炎のテーピングやサポーターについて
腱鞘炎の予防には負荷を上げる体制や姿勢、動作を避け、負荷を軽減させることが効果的です。
予防するには
テーピングは関節固定により負荷が少ない動作を行えようになるなど、腱鞘炎予防に高い効果を発揮します。

Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.