トップページへ 肉離れ太ももの肉離れの原因や症状・治療

太ももの肉離れの原因や症状・治療

太ももは肉離れが最も多い部分

肉離れは筋肉の一部分に断裂を起す筋肉の障害です。
激しい痛みが急劇に伴い、発生すると自力での歩行は難しくなります。
また、肉離れが複数個所に発生するケースも多く、この場合には歩くのはもちろん、自力で立ち上がるのも困難になるでしょう。

肉離れは外からの衝撃で起すものではありません。
自分の筋力が原因で生じる障害です。そのため、ふくらはぎや太腿など比較的筋量が多い部分に発生しやすいのがこの障害の特徴でもあります。

原因

一般に太腿は最も肉離れを起しやすい場所だと言われていますが、これは筋肉が非常に多いことが原因になっています。

実際、太腿には人体で最も強いとされる大腿四頭筋(大腿直筋、中間広筋、外側広筋、内側広筋)と、後側のハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)という筋肉郡に覆われています。強すぎる筋力が原因で起こる肉離れが太腿に起こりやすいもこれで納得できるでしょう。

また、肉離れは複数の関節に繋がっている筋肉ほど起しやすい特徴があります。
複数の関節に渡る筋肉が関節間の動きに強い影響を受けるためです。残念ながら太腿はこの2つの条件を見事に満たしている部分なのです。

主な症状・治療法

肉離れの主な症状は激しい痛みです。程度にもよりますが、断裂が複数個所に及ぶ場合には耐え難い痛みが伴うと言われています。また、断裂が多くなると陥没を起すこともあります。

肉離れは保存療法で対処するのが一般的です。
つまり、患部が動かないよう固定し、自然治癒するのを待つ治療法です。この際、圧迫を加えると治療効果をあげることが出来ます。症状が治まり始めたら軽いストレッチを行います。
ストレッチは柔軟性を上げるだけでなく、早期回復に重要な筋肉を動かすことにもつながります。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.