知っておきたいスポーツでの怪我のことトップ > 肉離れについて

肉離れとは

肉離れは筋肉が一部、もしくは完全断裂を起す障害です。自分の筋力によって引き起こされ、発症後は痛み・腫れ、陥没などの症状が伴います。断裂が深いほど症状は強まり、場合によっては立ち上がることも困難になるでしょう。著しい筋力低下により治療が長期化する傾向にあります。RICE法やテーピング法などの応急処置が早期回復のカギになります。運動選手は適切な応急処置法を理解しておくといいでしょう。

肉離れとは?
筋肉が断裂を起してしまう障害です。自身の筋力や動作によって引き起こさ、深い断裂だと歩行困難などの症状が起こるでしょう。
肉離れのテーピングや治療・リハビリについて
テーピングによる応急処置は関節や腱への負荷を軽減させるため、その後の治療期間を縮める効果が期待できます。
肉離れ時の応急処置や注意点
肉離れを早期に回復させるには適切な応急処置と専門的な治療が必要になります。まずはRICE法で応急処置を行うといいでしょう。
太ももの肉離れ
ふとももは肉離れを最も起しやすい部位だと言われています。これは筋肉が非常に多いことが原因です。
ふくらはぎの肉離れ
激しい運動により腓腹筋の一部が断裂してしまう障害です。発生後は痛み、腫れ、患部の陥没などの症状が起こります。
こむら返りと肉離れの違い
疲労などにより筋肉が異常収縮を起こす障害です。 肉離れとは別の障害ですが、稀にこむら返りが肉離れの原因になることもあります。

Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.