トップページへ その他よくある怪我脱臼とは?(原因・症状・治療)

脱臼とは?(原因・症状・治療)

症状

脱臼は間接を過度に伸展、屈曲することで骨が完全に外れてしまう障害をいいます。
発生時は耐え難い痛みが伴い、関節の可動域を狭めます。
また、過度な伸展・屈曲は骨を支えている靭帯にも影響を及ぼすため、靱帯の損傷を併発する場合が多い傾向にあります。

なお、脱臼は症状により2つに分類されています。
完全に骨が外れ変形を伴うものを脱臼、骨の位置がずれた程度のものを亜脱臼といいます。

脱臼の主な症状は関節の痛み・腫れ、変形です。
痛みは発生直後から起こり、関節を整復しても一定期間は痛みが続きます。骨の外れ方によっては変形と関節固定が伴います。

原因

脱臼を起す原因は関節の可動域を超える動作を行うことです
運動中の衝突、転倒時に手を地面に着く動作、交通事故の衝撃、格闘技の締め技などです。
関節には外れやすい方向があるため、その方向へ強い衝撃を受けてしまうことも脱臼を起す原因になります。

脱臼には強い変形が伴うため目視でも診断が可能です。ただし、骨折や靭帯損傷を起していることも考慮し、レントゲン撮影で状態確認をするのが一般的です。

治療法・予防

治療は外れた骨を元の位置に戻す整復が基本になります。
人によっては整復だけで症状が改善されることもありますが、靭帯や関節包の回復を考慮し、3週間程度は患部を固定することになります。
なお、整復は痛みに絶えながら行うのが一般的ですが、筋肉のこわばりが強くでていると麻酔が使用されます。

脱臼を予防するには可動域を広げるストレッチと筋力強化が効果的です。
特に筋力アップは関節の安定性を向上させる効果があるため、予防のために是非取り入れるようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.