トップページへ 筋肉痛風邪で筋肉痛の痛みがなぜ起こるの?

風邪で筋肉痛の痛みがなぜ起こるの?

風邪の筋肉痛

風邪には喉の痛み、咳・くしゃみ、発熱などの症状以外に、関節の痛みや筋肉痛を伴うとがあります。運動をした訳でもないのに何故、筋肉痛が起こるのか不思議に思う方も多いかと思われますが、運動と風邪の筋肉痛には原因に大きな違いがあります。

まず、運動による筋肉痛は主に小さな筋断裂と炎症によって引き起こされます。
つまりは部分的な外傷による痛みなのです。

対して、風邪の筋肉痛は体内の免疫システムが深く関係しています。風邪ウイルスを攻撃するために分泌する特殊な物質が痛みの元となるのです。
痛み成分が体内を循環するために、全身の筋肉、または関節にも痛みが生じてしまうのです。

痛みが体温を上昇させる

免疫システムは体内に侵入した風邪ウイルスに対し様々な策を講じていきます。
例えば、発見時には侵入を知らせる物質を分泌し、ウイルスの攻撃の際には痛み、発熱を起こす物質を分泌するのです。

何故、痛み成分で攻撃できるのか、これについても明確な理由があります。
元々、ウイルスは熱に弱い特性があり、体温が上がば死滅してしまいます。
そこで、免疫は全身に炎症や痛みを起すことで周辺組織を加熱させ、体温上昇をはかるのです。

また、痛みによって安静を助長し、体力の温存にもつながります。
つまり、痛みを起す成分はウイルスに対する防御体制に必要不可欠な成分なのです。

間違った対処をしない

風邪による筋肉痛は風邪さえ完治すれば治まります。
安静にするだけでなく、栄養のある食事と十分な睡眠をしっかり取るようにしましょう。

当然のことですが、通常の筋肉痛のように運動をすることで改善されることはありません。
これは風邪を悪化させることになりますので、絶対に行わないようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.