トップページへ 筋肉痛筋肉痛の緩和方法はあるの?

筋肉痛の緩和方法はあるの?

誰もが経験するスポーツ障害

筋肉痛は運動後に痛みを起させる障害です。この痛みは損傷した筋肉が修復するまで続きます
痛みといっても歩けない程強くはなく、また気にならないほど弱くもありません。

年齢を問わず発生しますが、比較的運動を好む若い方に起こりやすい特徴があります。
しかし、中高年の運動が盛んになった近年は、40歳代以上に方にも多く見られようになりました。
日常生活に支障がないとしても、断続的な痛みの症状は精神衛生上よくありませんので、緩和策を講じた方がいいでしょう。

筋肉痛の解消法

筋肉痛の緩和には一つの大原則があります。それは患部の冷却と加熱を繰り返すことです。
炎症を抑えるために冷却だけを行う方がいますが、これは血行不良の原因となり回復を遅めることになります。
痛みが強い場合には冷却で炎症を抑え、痛みが弱まったら加熱で血行を促進するのです。
これを繰り返によって大幅な筋肉痛の緩和が起こります。

また、ウォーキングやストレッチ、水泳など軽めの運動を行うことも緩和につながります
運動により筋肉を動かすことで血行が促進されるためです。ただし、やりすぎは損傷拡大を招くため、あくまで軽い運動に留めることが重要です。
また、栄養を考慮した食事、十分な睡眠も自然治癒力を高める効果が期待できます。

ウォーミングアップで予防する

筋肉痛が起こっては運動前のウォーミングアップでも予防することが可能です。
ストレッチや軽めのジョギングで筋肉を温めてあげるのです。ストレッチは筋肉の柔軟性を向上にも役立つため怪我の予防に効果を発揮します。

急激な血行の低下は筋肉痛の原因になりますので、運動後のクールダウンも忘れず行った方がいいでしょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.