トップページへ 膝下部の障害アキレス腱付着部炎について(原因・症状・治療・予防)

アキレス腱付着部炎について(原因・症状・治療・予防)

症状

アキレス腱付着部炎はアキレス腱の滑液包が炎症化し、痛みなどの症状を起す障害です。
10代~30歳代の運動選手や、ハイヒールを常用する女性に多く見られます。
基本的にはオーバーワークが原因で起こります
が、骨の形などの先天的な理由で発生することもあります。

主な症状はアキレス腱付着部の痛みと腫れです。痛みは運動時に強くなり、進行すると腫れや痛みが広がっていきます。

更に進むと滑液包が肥大化し硬化していきます。ここまでくると、強い痛みが伴うため歩行や階段の昇り降りも難しくなります。アキレス腱付着部炎は日常生活に支障を来たすこともある障害です。
初期段階で治療出来るよう注意していきましょう。

原因

アキレス腱とかかとの骨の間には摩擦と衝撃を防ぐクッションが存在します。
これを「滑液包」といい、アキレス腱、踵骨の両側に存在しています。ちょうど水風船を押しつぶしたような形状です。

激しく運動するとアキレス腱とかかとに強い摩擦が加わるため、滑液包の摩擦も強くなります。
これが繰り返されることで炎症を起こしてしまうのです。

先天的にかかとの骨が飛び出している人はアキレス腱付着部炎を起しやすくなります。
これ以外の人は運動のしすぎ、オーバーワークが原因です。

治療法・予防

アキレス腱付着部炎かを見極めるには画像検査が有効です。
レントゲンで形状を確認し、MRIで滑液包とアキレス腱の腫れや摩擦の程度を確認するのです。

軽症の場合は特別な治療を必要としません。運動後に炎症部分をアイシングすることで対処しします。これに運動前後のストレッチを加えるとより効果的です。
痛みが強い場合には、非ステロイド性抗炎症薬を投与し、専用のシューズクッションで負担を軽減する方法が有効です。

アキレス腱付着部炎の予防には、ふくらはぎのストレッチと筋肉トレーニングが効果を発揮します。
特に下腿三頭筋を鍛えるといいでしょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.