トップページへ 膝下部の障害足底腱膜炎について(原因・症状・治療・予防)

足底腱膜炎について(原因・症状・治療・予防)

症状

足底腱膜炎は足底腱膜が炎症を起こし痛みなどの症状を起す障害です。立つ・座るの動作小を繰り返す方に多く見られます。

主な症状は足裏から踵にかけての痛みと腫れです。
痛みは足裏に体重を乗せた際に強くなります。また、起床時や運動開始時に痛みが強くなるのも特徴がの一つです。最も痛みが強くなるのが体重移動を伴う早い動きです
人によっては肉が切れるような鋭い痛みを感じます。

進行すると靭帯や軟骨が骨化する「骨棘」が生じるため、なるべく早期に治療を開始することが重要になるでしょう。

原因

人は歩く、走る、座る、立つなどの動作の際、足裏に体重を受けるため足裏の筋肉が伸長するようになっています。その伸長度は強い蹴り出しほど長くなり、引っ張られる力も強くなります。
この強すぎる伸長を繰り返すことで、足裏の筋肉が疲労を起こし炎症を生じるようになるのです。

また、スニーカーとの摩擦やスニーカーの弾力低下も足底腱膜への負担を大きくするため炎症を起こしやすくなると言われています。足の骨の形状が原因になることもあります。
元々踵骨は内側が出ているため地面とぶつかりやすいのです。これを繰り返すと打撲のような状態になり、炎症が起こるのです。

治療法・予防

足底腱膜炎の治療は保存療法で対処するのが一般的です。
まずは、運動を中止し痛みの元である炎症を軽減させます。痛みが治まってきたら足底のストレッチ・筋力強化を行い、更に歩行時の負担を軽減する足底板を使用していきます。
足底板は足底腱膜への負担を軽減し炎症化の予防にも効果的なのです。

痛みが軽減されない場合には、消炎鎮痛内服薬や患部へステロイド剤を注射するブロック注射を行うことになります。
これでも痛みが残る場合には、足底腱膜を起始部で切り離す手術療法が適用されます。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.