トップページへ 膝下部の障害リスフラン関節損傷について(原因・症状・治療・予防)

リスフラン関節損傷について(原因・症状・治療・予防)

症状

リスフラン関節損傷は足の甲の中心部分にある関節周辺に損傷が起こる障害です。
足の捻挫から発生するケースが多く、ラグビーやアメフトなどの競技でよく見られる傾向があります。程度にもよりますがリハビリを行わないと痛みが治まらないことがあります。

主な症状は足背部の痛みです。安静時は痛みが治まるのですが、運動再開時や体重をかけると痛みが強まります。重症化すると土踏まずが機能異常を起すだけでなく、周辺の靭帯にも影響があるため放置することのないよう注意が必要です。

原因

リスフラン関節損傷を発生する主な原因は激しい運動による衝撃や捻り動作です。
具体的には足関節を底屈した状態で体重が乗り、なおかつ足部が外旋方向へ強制されることで起こります。

ラグビーやアメリカンフットボールでよく見られる障害ですが、これはタックルされた際、相手の体重が乗った状態でなおかつ足が固定されて倒れこむことが多いからです。
この際、外方向への力が加わるとリスフラン靭帯を損傷することもあります。

治療法・予防

足の捻挫と軽視されがちですが、実は診断が非常に難しい傷害です。
どの動作時に痛みが伴うのか、骨や傷の有無などをレントゲン撮影で確認した方がいいでしょう。
この際、比較対象として痛みがない足も撮影しておくと正確な診断につながります。

程度により治療は異なりますが、軽度の靭帯損傷であれば保存療法が用いられます。
安静にして靭帯の回復を待ちます。明らかな関節の離開が確認されると、靭帯の完全断裂が疑われるため厳重な固定が必須です。
場合によっては手術が必要になるかもしれません。

リスフラン関節損傷は不可抗力により生じるため未然に防ぐのが難しい障害です。
ただし、一般にはテーピングで関節や足のアーチを保持する方法が有効とされています。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.