トップページへ 膝下部の障害フットボーラーズアングルについて(原因・症状・治療・予防)

フットボーラーズアングルについて(原因・症状・治療・予防)

症状

フットボーラーズアングルはサッカーやラグビー、アメリカンフットボールなどを含むフットボール選手だけに起こる特有の障害です。主に足関節への強い負荷が繰り返されることで生じます。
症状は程度により異なりますが、一般には足関節の可動域が制限されていきます。

症状は動作時に強くなり、人によっては詰まり感やぶつかる感じを憶えます。
また、運動後に水腫や血腫が生じるケースもあり、この場合には足関節全体が腫れ上がります。

フットボーラーズアングルは進行することで骨棘による骨折を起す危険もあるため、足関節の違和感には十分に注意するようにしましょう。

原因

フットボーラーズアングルは足関節への内反、外反、底屈、背屈が強制されることで発生します。
具体的には急なストップ動作や、スピードに乗った状態での方向転換、激しい接触プレーです。
この動作の繰り返しが靭帯の部分断裂、骨同士の衝突による骨軟骨損傷を起こします。

靭帯や骨には自己修復機能が備わっていますが、損傷が頻繁に繰り返えされることで骨棘という突起物が形成されていきます。
これにより関節の痛みや腫れ、可動域が制限が伴うようになるのです。

治療法・予防

障害が複数個所に渡るため治療はその程度によって異なります。
一般的には安静にし回復を待つ保存療法で対処しますが、あまりに進行している場合には手術療法で対応していきます。

予防には安定性な足関節をテーピングや装具で固定する方法が効果的です。
これにより足関節への負荷が軽減されます。また、フットワークのトレーニングやストレッチ、筋肉の柔軟性と強度を上げる筋力トレーニングも予防効果が期待でる方法です。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.