トップページへ 膝下部の障害アキレス腱炎について(原因・症状・治療・予防)

アキレス腱炎について(原因・症状・治療・予防)

症状

アキレス腱炎は断続的に負担をかける運動によりアキレスが炎症し、かかと周辺に痛みを起す障害です。先天的な骨の形状が原因となりアキレス腱炎を発生させることもあります。
主に10代~30歳代の女性に多くみられる疾患です。

症状は運動時に起こる踵周辺の痛みと腫れです。痛みは圧迫するとつよくなります。
悪化すると安静時にも痛みが伴うようになります。さらに進行すると腱が硬化し、痛みが増すだけでなく足関節の可動域を狭めることになります。

原因

ふくらはぎは上から内側筋、外側筋、ヒラメ筋、アキレス腱で構成され踵骨につながります。
アキレス腱は踵骨とヒラメ筋をつないでいる腱なのです。

他の筋肉や靭帯と比べアキレス腱は大変細くなっており、負担がかかると小さな断裂が起こり炎症化します。アキレス腱炎は腱の酷使と、疲労の蓄積によって発生する障害なのです。

治療法・予防

検査にはMRIや超音波検査が有効とされています。変性や詳細な状態を確認できるのです。
治療には保存療法で対処するのが一般的です。腱の断裂が治まるまでは運動を控える必要があります。痛みが引かない場合は消炎鎮痛薬を用います。

ヒラメ筋の筋力強化やストレッチが大変変有効な予防法ですので、是非取り入れるようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.