トップページへ 膝下部の障害頸骨疾走型疲労骨折について(原因・症状・治療・予防)

頸骨疾走型疲労骨折について(原因・症状・治療・予防)

症状

頸骨疾走型疲労骨折は脛骨の後方に起こる疲労骨折です。
疲労骨折の中でも最も多いとされる障害で、脛骨後方であればどこにでも発生します。
年齢を問わず起こる障害ですが、その中でも16歳前後の方に特に多く見られる傾向があります。

主な症状はすねの内側に生じる痛みです。進行すると腫れを伴うようになります。
シンスプリントと間違われることがありますが、疲労骨折の場合には痛みが広がることがありません。
特定の場所のみ痛が起こります。疲労骨折を放置すると亀裂が広がるため、その後の治療を難しくしてしまいます。

痛みを感じたら我慢をせず、早めに専門医を受診した方がいいでしょう。

原因

頸骨疾走型疲労骨折は運動のし過ぎ、つまりオーバーユースによって引き起これされる障害です。元々脛骨は、緩いカーブを描いているのですが、ここに上下からの衝撃が加わるとカーブを強めてしまい、この圧縮が限界に達すると亀裂が入ってしまうのです。

具体的に言えば、ランニングをすると着地の度にカーブが強まりますが、これが過度に繰り返されると骨皮質に小さな損傷が生じ、亀裂につながります。
いつもより運動量を増やしたり、運動スピードを上げるのは頸骨疾走型疲労骨折の原因になりますので注意しましょう。

治療法・予防

確定診断にはレントゲン撮影が必要です。亀裂箇所や損傷程度を詳しく調べるためには2方向から撮影するのが有効とされています。

治療は保存療法が用いられます。運動量を落とし亀裂が塞がるのを待つのです。
痛みを我慢し運動を続けると亀裂が広がりますので、絶対にしてはいけません。
また、衝撃を吸収するサポーターや足底板を利用すると痛みの軽減と治療の促進がはかれます。

頸骨疾走型疲労骨折を予防するには、運動メニューの見直しと骨密度を上げることが有効です。
カルシウムやたんぱく質をバランスよく摂取し、自分にあった練習量で運動を行うようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.