トップページへ 内科的な障害熱中症の予防や対策グッズ

熱中症の予防や対策グッズ

死亡事故が絶えない障害

熱中症は高温多湿な環境で起こる障害の総称です。
体を動かす環境で発生しやすく、発生後は体温上昇、頭痛、吐き気、意識障害、多機能不全など様々な症状が現れます。現在は症状によって熱失神、熱疲労、熱けいれん、熱射病に分類しています。

死に至ることもある大変危険な障害ですが、適切な予防法さえ理解していれば防ぐことが出来ます。
しかし、実際には予防知識が不十分な方が多いため、熱中症による死亡事故が絶えないのです。

熱中症の予防法

熱中症の予防法には様々なものがありますが、原則的には温度と湿度、水分補給に注意することが重要です。

熱中症は高い気温や湿度に長時間さらされることで発生率が高まります。
帽子や日傘を使用する、日陰で休憩する、エアコンを使うなど暑さから避けることが大切です。
また、発汗により失われた水分と塩分をこまめに補給することも重要になります。寝る前の水分補給も忘れずに行うようにしましょう。

これ以外にも、熱い場所での運動を控える、涼感素材の衣服の着用、暑さに徐々に慣らす、食事と運動をしっかり行い体力を落とさないことも効果的な予防法になります。

体調の変化に注意する

熱中症は水分補給と温度に注意することで大半を予防することが出来ます
しかし、体力や体調には個人差があるため、予防をしていても発生することがあるのです。
そこで是非取り入れたいのが対策グッズの利用です。

熱中症専用の救急セット、塩分を含んだ飴、体温上昇を防ぐスカーフや帽子、適量の塩分を含んだ飲料水など様々な予防グッズが販売されています。
割と安価な値段で購入できますので、体力のない高齢者や15歳未満の子供は是非、予防グッズの使用を検討してください。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.