トップページへ 頭や首の怪我・障害頸髄損傷について(原因・症状・治療・予防)

頸髄損傷について(原因・症状・治療・予防)

症状

頸髄損傷は頚椎の骨折などにより頚部の脊髄が損傷する障害です。
手足の麻痺など重篤な症状を起こすだけでなく、最悪の場合、命を落とす危険も伴います。

どの部分を損傷したか症状は異なりますが、原則として麻痺が起こります
特に両足、両手の麻痺を訴えるケースが多いようです。

頭部に近い箇所で損傷が発生すると延髄も影響を受けるため、呼吸困難を起こし急死することもあります。頸髄の損傷は非常に危険な障害です。
発生したら速やかに医療機関を受診し、治療を行うようにしましょう。

原因・検査

頸髄を損傷する主な原因は頚部の過度な前屈、後屈や、頭部へ強い衝撃を受けることです
事故や転落、ラグビーのタックル、体操競技の着地失敗などで頭部を強く打ち付けると発生します。
また、水泳の飛び込み競技でも起こり、これは着水角度を見誤ることが原因だと言われています。

頸髄損傷のよる手足の麻痺が起こった場合必ず精密検査を受けることになります。
検査では神経機能の検査、MRIによって頚椎の損傷程度、損傷部位を確かめていきます。

治療法・予防

発生直後には、まず安全な場所に移動させ救急車の到着を待ちます。この際、頭部が不安定な場合には頭部と体幹を支えるようにします。
治療では頸髄を圧迫している原因物質を手術で取り除き、頚椎を安定化させます。術後は麻痺に応じたリハビリを行い症状の改善をはかっていきます。

未然に防ぐのが難しい障害ですが、頚椎周辺の筋力強化を行うことは予防につながるでしょう。
筋肉は頭・頚への衝撃を和らげる効果があるためです。
また、頚椎を損傷しやすい体質かを事前に調べるのも有効な予防法になるかと思われます。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.