トップページへ 骨折骨折のリハビリテーションについて

骨折のリハビリテーションについて

筋肉・関節の衰えが解消される

骨を正常な位置に戻す整復や癒合を促す固定は骨折治療に欠かせないものです。
しかし、これだけで骨折が完治するわけではありません。衰えた筋肉や関節を回復させるリハビリテーションが必須になるのです。

骨折をすると骨を癒合させるため、患部を固定する必要が出てきます。
大変効果的な治療法なのですが、その一方で患部周辺を動かせないデメリットが出てきます。

関節や筋肉は動かさないと衰えていく習性があるため、長期間の治療を要する骨折治療では関節・筋肉の衰えがつきものなのです。
この衰えた筋肉・関節を元通りに戻すのがリハビリテーションです。
リハビリは早い段階から行うほど効果を発揮します。積極的に取り組み早期回復につとめるようにしましょう。

リハビリテーションの内容

骨折治療のリハビリテーションは骨の癒合が始まる前から開始されます
ただし、骨折している患部を積極的に動かすわけではありません。この時期は患部周辺の筋肉・関節を動かすリハビリを行います。

例えば、腕の骨折なら指をグーパーさせる運動や手首を動かす運動、足の骨折なら足首の曲げ伸ばし、関節を動かすなどの行います。骨の癒合が進み、固定器具が外されたら患部周辺の曲げ伸ばしを徐々に行っていきます。
これに慣れると患部に付加をかけながら動かしていく、「部分荷重」が行われます。

部分荷重は患部周辺の衰えを解消するだけでなく、骨の修復を促す効果も期待できます
このようなリハビリで筋肉の衰えを解消し、狭まった関節の可動域を広げていくのです。

リハビリの注意点

骨折治療に欠かせないリハビリにはいつくかの注意点があります。
まず、骨の修復状況を無視したリハビリは逆効果を招くため、必ず医師や理学療法士の指示を守るようにします。自己流のリハビリも絶対に行ってはいけません。
指導された正しい方法で行う必要があります。また、リハビリは継続して行うことで効果を発揮する治療法です。途中で止めたりしないようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.