トップページへ 軟骨の怪我ペルテス病について(原因・症状・治療)

ペルテス病について(原因・症状・治療)

ペルテス病は主に4歳から10歳までの男の子に多くみられる股関節の障害です。
股関節周辺の痛みや腫れなどの症状を伴い、症状が進行すると歩行困難を起す危険があります。
シーバー病やフライバーグ病と同じく骨端症の一種に含まれます。

ただし、組織が壊死する虚血性壊死を伴うなど他の骨端症とは大きく異なる障害です。
多くの場合、片足だけに発症しますが、中には両足に発症するケースもあります。
この場合、発症時期にずれが生じる特徴があります。

原因・症状

ペルテス病を起す原因は股関節への血流が不足することなのですが、血流不足が何故起こるのかは今現在も解明されていません。
ストレス、ホルモンバランスの乱れ、外傷や炎症、栄養不足などさまざまな説が出ています。

主な症状は股関節の痛みや腫れです。痛みが強いと足を引きずる歩き方をするようになります。
また、股関節だけでなく、膝にも痛みが生じあぐらがかけなくなるケースもあります。

症状が進行すると大腿骨の骨頭が壊死し変形を生じます
大腿骨が壊死が進んでいる間に体重を掛けてしまうと治療後も骨の変形が残ってしまうため注意が必要です。

治療法・検査

ペルテス病は大腿骨頭の壊死が生じ骨の変形が進む怖い病気なのですが、多くの場合、2~3年以内には血流が改善し骨も元通りに回復します。
ただし、壊死が進んでいる時期に股関節に負担をかけると、変形が残る危険があるため注意しましょう。回復期も同様です。

治療は医療装具で動作を制限し、股関節への負荷を軽減させることが基本です。
これにより、骨の変形を抑えるた治癒を促していきます。

壊死状況はエックス線、MRI、骨シンチグラフィを使うと確認できます。
変形が進んでしまうと手術でしか治せないため、早期発見・早期治療が望ましい障害といえます。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.