トップページへ 軟骨の怪我オスグッド病について(原因・症状・治療)

オスグッド病について(原因・症状・治療)

成長期の子供に多く見られる障害

オスグッド病は成長期の子供が発症しやすい膝関節の障害です。
何故成長期の子供に多いかといえば、この時期の子供には未発達の骨、「成長軟骨」があるためです。

運動をすると筋肉の動きに連動してこの軟骨が引っ張られるのですが、まれに強すぎる力が原因となり、軟骨の接合部分が裂けて持ち上がってしまいます
これが膝の腫れや痛みの原因となるのです。

症状・原因

成長期の子供は様々な部分で変化が現れます。当然、筋量も増えることになり筋肉の牽引力も強くなります。骨も成長していますが縦に伸びていくので強度が落ちてしまいます。
ここに激しい運動による負荷がプラスされると、その力に軟骨が耐えられず浮き上がってしまうのです。
これがオスグッド病の原因になります。

オスグッド病の主な症状は膝周辺の痛みと腫れです。
特に前下部分に痛みが出る傾向があります。剥離により骨の突出が見られるケースもあります。

稀な症状としては骨端核が完全に剥離する「裂離骨折」を生じることがありますが、裂離骨折は非常に強い痛みが伴い歩行困難を起こすこともあるため注意しましょう。

治療・予防法

軟骨の剥離であっても原則は保存療法で対処します。
ただし、剥離状況を確かめる目的で膝のレントゲン検査、もしくはMRI検査が必要になります。

治療はアイシングで痛みを抑え、患部周辺が動かないようテーピングで固定するのが一般的です。
膝の曲げ伸ばし時に痛みが強くなることから膝を伸ばした状態で固定することもあります。
また、骨端核のもち上がりを抑える専用サポーターの使用も効果的です。

予防には筋肉の柔軟性を向上させるストレッチが効果的です。
運動前だけでなく運動後にも行うと高い効果が期待できます。また、ストレッチは膝だけでなく、太腿、骨盤にも行うようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.