トップページへ 軟骨の怪我離断性骨軟骨炎について(原因・症状・治療)

離断性骨軟骨炎について(原因・症状・治療)

関節軟骨が剥離する障害

離断性骨軟骨炎は関節の軟骨とその下にある骨の一部が壊死し剥がれてしまう障害です。
成長期の子供にも見られますが、主に20代までのスポーツをする男性が発症しやすく、発症部位は肘や膝などに起こりやすい傾向があります。

骨の剥がれ方にはいつくかのパターンがありますが、骨の浮き上がりがなく表面上はくっついて見える、骨の浮き上がりが起こり関節の表面に出てきている、関節表面から完全に剥がれているケースが代表的です。

なお、関節から完全に剥がれている場合は「関節内遊離体」、もしくは「関節ネズミ」などと呼ばれることもあります。

原因・症状

離断性骨軟骨炎が何故起こるか確かな原因は解明されていませんが、運動による関節の酷使が直接的な原因になります。肘なら曲げ伸ばしや捻り、膝関節ならジャンプや着地、体重移動などの強い衝撃が継続的に加わることで血流悪化を招き軟骨が壊死するのです。

主な症状は関節の痛みです。痛み徐々に強くなり、進行すると膝の曲げ伸ばしも辛くなります。
そのため、階段の昇り降りは勿論、走ることすら困難になります。
更に進行し軟骨が離断し始めると離遊体が関節に挟まる「嵌頓症状」が激痛を起こさせ、可動域の制限や関節に水が溜まる症状を起すこともあります。

また、症状からは判断しずらい特徴があり、知らぬまに症状が進行しているケースが多いなど、非常に厄介な障害なのです。

治療法・予防

成長期の子供で、なおかつ軟骨が完全剥離していなければ、関節をギブスで固定する保存療法で対処していきます。固定により回復が見られれば運動することも可能です。

成長期を過ぎた人や完全剥離を起してる場合には、内視鏡手術で軟骨の摘出を行います。
内視鏡の軟骨切除は即効性が高い治療法のため、術後は痛みが消えるだけでなく膝もすぐに動くようになります。

離断性骨軟骨炎は関節の酷使が原因となる障害です。そのため、途中に休みを入れ関節への負荷を減らすことが予防につながります。
また、関節回りの筋力トレーニングや、柔軟性を高めるストレッチを入念に行うのも効果的な予防になるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.