トップページへ 肩や腕の怪我・障害コレス骨折について(原因・症状・治療・予防)

コレス骨折について(原因・症状・治療・予防)

症状

コレス骨折は手首に近い場所に起こる骨折で、転倒の際、地面に手を着いたときに発生しやすい特徴があります。痛み・腫れ、変形などの症状を伴いますが、手に伝わる衝撃が弱いと変形が伴わないケースもあります。

主な症状は他の骨折と同様に手首の変形と痛み、腫れです。
痛みは非常に強く動かすことを困難にさせます。また、骨折の際に末梢側の骨が甲側にずれるため、フォークに似た形状に変形が起こります。
場合によっては手のひらの正中神経が圧迫され、親指や人差し指にしびれが伴うこともあります。

衝撃が弱いと変形が起こらず、また痛みも弱まるため骨折していることに気付かないケースもありますが、放置すると危険な障害のため必ず治療を受けるようにしましょう。

原因

コレス骨折を起す原因は手に強い衝撃が加わることです。
転倒や転落の際に地面に手を着いてしまうと発生します。また、子供や高齢者のように骨密度が低いことも要因の一つといえるでしょう。

変形が起こっていれば目視でも診断が出来ますが、治療方針を決める意味でも骨のずれや骨折部位をレントゲン撮影で確認した方がいいでしょう。

治療法・予防

骨折部位が大きくずれている場合、まず骨を正常な位置に戻す整復を行います
その後、ギブスで固定しこの状態を3週間保ちます。ずれが小さい場合、整復を行わずにギブス固定で対処が出来ます。
なお、整復が出来ない、整復後も不安定な場合には、骨を固定する手術が必要になるでしょう。

転倒時に起こりやすい障害のため、予防にはバランス感覚を鍛える方法が有効です。また、衝撃を和らげる受身の練習も効果的な予防法になるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.