トップページへ 肩や腕の怪我・障害尺骨神経障害について(原因・症状・治療・予防)

尺骨神経障害について(原因・症状・治療・予防)

症状

尺骨神経障害は運動などにより肘の内側にある神経が刺激されることで、痛みや痺れの症状を起す障害です。軽度のうちは保存療法で治療出来ますが、進行すると神経経路を広げる手術が必要になるため早期発見・治療が大切になります。

主な症状は小指周辺に起こる痛みと痺れです。
肘の内側を打った時のような響く痛みが生じます。肘にもだるさや重い痛みが伴うケースもあります。また、神経が圧迫されているため、指の力が弱まり握る動作がしづらくなる人もいます。

原因

尺骨神経障害を生じる原因は肘の曲げ伸ばし時を過剰の行うことです
元々、尺骨神経障は骨や周辺筋肉とぶつかりやすい場所にあります。
そのため、肘を頻繁に動かすことで神経の刺激を増やし障害を起こしやすくするのです。

更に酷使により肘の骨が変形している人、外反肘の人は神経路が狭くなっているため神経障害の発生率が高くなります。変形が強く出ていると運動だけでなく日常動作でも発生する可能性があります。

痛みの出方や筋力低下の有無を確認することで診断が可能です。
ただし、神経経路のが狭まっている可能性もあるため、レントゲン撮影やCT検査を併用するのが一般的です。

治療法・予防

運動後に症状が現れる場合はアイシングだけでも対応出来ますが、痛みや痺れの症状が強く出ている、もしくは筋力低下が明らかな場合、運動を中止し薬物療法にて炎症の沈静化をはかります。
神経経路が狭く保存療法でも改善されない人は、通路を広げる手術を受けることになります。

肘を酷使しないことが最も有効な予防法になります。
元々、肘の外反が強く、神経が刺激されやすい人は肘の動作を体全体でフォローするフォームを身につけると予防につながります。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.