トップページへ 肩や腕の怪我・障害テニス肘(テニスエルボー)について(原因・症状・治療・予防)

テニス肘(テニスエルボー)について(原因・症状・治療・予防)

症状

テニス肘、テニスエルボーは肘を酷使することで痛みの症状を起す障害です。
主にテニス、バトミントン、ゴルフなど手首を使う競技で発生しやすい傾向があります。
意外なところではフライパンを使う調理師もテニス肘を起こしやすいといわれています。

原則、保存療法で対処できますが、進行すると痛みが強まるため、なるべく初期段階で治療した方がいい障害でしょう。

主な症状は手首の内側の突起周辺に起こる痛みです。
痛みは道具を振る際に現れ、特に手首を反らせる動作に強い痛みが伴います。
また、症状を悪化させると日常動作にも痛みが伴うようになり、ドアノブを回す、缶ジュースを開けることも辛くなってしまいます。

原因

テニス肘を生じる原因は肘を必要以上に酷使してしまうことです。
ラケットを使う動作を例にすると、ボールを打つ際には前腕の筋肉を使っていますが、実はこの際、肘の筋腱付着部にも負荷がかっているのです。
これを繰り返し行うことで筋腱付着部の筋肉疲労が起こり痛みを伴うようになっていきます。

痛む場所に特徴があるため発生部位から診断することも可能です。
この際、チェアテスト中指伸展テストで痛む部位を確認するとより確実な診断につながります。

成長期の子供は成長軟骨の裂離骨折を伴っているケースもあるため、念のためレントゲン撮影で状態を確認した方がいいでしょう。

治療法・予防

肘の筋肉疲労が原因のため、治療には患部を固定と安静に保つことが必要になります。
また、疲労により収縮した筋肉をストレッチで伸ばす方法を並行すると、症状の改善を促進させることが出来ます。

テニス肘は使用する道具と運動時間に注意するだけ大半を予防することが出来ます
筋力あった道具を使用し、一回のプレー時間を短くするのです。
また、手の大きさに合った太さのグリップを使うことも重要になります。
これ以外では、運動前後のストレッチが効果的です。ストレッチは筋肉疲労を防ぐ効果があるためテニス肘を予防になるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.