トップページへ 肩や腕の怪我・障害野球肘について(原因・症状・治療・予防)

野球肘について(原因・症状・治療・予防)

症状

野球肘は野球で発生する肘の障害の総称です。成長期の野球選手に多く見られる特徴があります。なお、野球以外の競技、例えば槍投げなどでも起こりえる障害です。
発生する部位が様々なことから、発生部位によって「内側型」「外側型」「後方型」の3つに分類しています。

症状は障害の部位によって異なりますが、基本的には投球時に生じる肘の痛みと腫れが現れます。ただし、痛みを後から感じるケースや、腫れや可動域の制限を先に訴えることもあります。

痛み方もそれぞれで、軟骨の剥離が起こる内側型は耐え難い激痛が生じ、後方型は重い痛みを感じます。外側方は痛みこそ強くありませんが、関節が瞬間的に動かなくなるロッキングが現れることがあります。

原因

野球肘を起す原因は投球などの動作による肘の酷使です。
投げる動作には肘を外側に強く反らせる必要があります。この際、肘関節の内側には引っ張られる作用が働き、肘の外側に圧迫し合う力が働きます。
この圧迫が繰り返されると軟骨の剥離、骨細胞の損傷、肘頭部の損傷などが起こるのです。

進行すると痛みが増すだけでなく、疲労骨折、軟骨の浮遊の原因にもなりますので、早期発見・治療を心がけるようにしましょう。

治療法・予防

診断にはレントゲン、MRIなどの画像検査が必要になります。
画像検査によって野球肘と診断されると保存療法が行われます。具体的には、運動を中止し自然治癒を待つのです。ただし、軟骨の剥離が進み関節内浮遊体が現れたり、骨の変化が強い場合には手術が必要になることあります。

野球肘を予防するには投球数を減らすことが有効です。練習量を見直し、適度に休憩を取ることを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.