トップページへ 肩や腕の怪我・障害肩鎖関節脱臼について(原因・症状・治療・予防)

肩鎖関節脱臼について(原因・症状・治療・予防)

症状

肩鎖関節脱臼は鎖骨と肩甲骨を繋いでいる肩鎖関節が外れてしまう障害です。
他の脱臼と同様に強い痛みと変形が伴います。原則、保存療法で治療出来ますが、変形が残ってしまう事が多いようです。

主な症状は強い痛みと骨の変形です。
安静時にも痛みはありますが、動作時により強まる特徴があります。これは肩の動作時に脱臼した部分が負荷を受けることが原因です。この痛みから可動域も制限されてしまいます。

変形は鎖骨の先端が肩甲骨から浮き上がり、突出してしまうことで起こりますが、時間の経過と共に目立たなくなります。

原因

肩鎖関節脱臼を起す原因は強い衝撃により鎖骨の先端と肩甲骨の先端を結んでいる靭帯が損傷してしまうことです。靭帯の損傷が激しいほど関節のずれが大きくなります。
特に上方から肩を押し上げらるような衝撃には注意が必要で、ラグビー、アメリカンフットボールのタックル、柔道の受身は脱臼しやすい傾向があります。

脱臼は大きな変形が生じるため外見で判断することが出来ます。
ただし、鎖骨骨折を伴うケースも少なくないため、レントゲン検査を受けた方がいいでしょう。

治療法・予防

肩鎖関節脱臼は他の脱臼のような整復を必要としません。
ほとんどの場合、専用の固定具を使用することで痛みなどの症状が改善されます。
鎖骨が浮くほどの損傷を起している場合には、変形が残ってしまうことがありますが、運動に支障をきたすことはありません。どうしても変形を治したい場合、手術が必要になります。

転等などの動作時に発生しやすい障害のため、予防には受身の練習が効果的でしょう。
また、衝撃を吸収する筋肉を鍛えるのも効果的な予防になるかと思われます。

スポンサードリンク


Copyright(c) 知っておきたいスポーツでの怪我のコト All rights reserved.